交通事故全国無料相談の電話予約

弁護士による高次脳機能障害110番

弁護士が答える高次脳機能障害Q&A~目次

高次脳機能障害


高次脳機能障害

弁護士さん、高次脳機能障害とはなんですか?

○ 高次脳機能障害とは、感覚機能と、運動機能を除いた大脳の機能に、障害が残ることを言います。主にそれは、認知、記憶、思考、注意力の持続等に影響します。また、交通事故における高次脳機能障害の場合は、交通事故に遭う前と比べて、記憶力や集中力が低下して、勉強や仕事に支障が起こることが多いです。あとは、交通事故前と比べて怒りやすくなったり、人付き合いが上手く行かなくなることもあります。

高次脳機能障害の特徴としては、高次脳機能障害になっていたとしても一見正常に見えるので、他の病気と違って気づきにくい障害の1つということです。

問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、高次脳機能障害の判断基準はどんなものがありますか?

○ 高次脳機能障害は、交通事故後にすぐに診断されることは少ないです。生活していくにあたって、下記の症状が出てきた場合は、高次脳機能障害の可能性が考えられます。

  • 今日の日付や曜日が分からなくなる。自分がどこにいるかもわからない。
  • 複数の作業が同時に出来ない。
  • 物事をすぐ忘れてしまう。新しいことを覚えられない。
  • 集中できない、すぐに気が散ってしまう。
  • 視界の中に、見落としやすい空間がある。
  • 喜怒哀楽が激しくなる。とくに、怒りやすいことが多い。

また、事故の後に、下記の診断結果が出た場合には、高次脳機能障害の可能性が考えられますので、注意が必要です。

  • び慢性脳損傷
  • 急性硬膜外血腫
  • び慢性軸策損傷
  • 急性硬膜下血腫
  • 外傷性くも膜下出血
  • 脳室出血
  • 脳挫傷
  • 急性硬膜下血腫

もし何かわからないことや、不安なことがありましたら、弁護士に相談することをお勧めします。ウカイ&パートナーズ法律事務所は、弁護士による、電話相談が、無料で受けることが出来ます。是非とも気軽に相談していただければと思います。

問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、高次脳機能障害の場合、後遺障害等級は何級になるのでしょうか?

○ 高次脳機能障害の場合、後遺障害等級は、以下の等級に該当することが多いです。

1級神経系統の機能又は、精神に著しい障害が残り、常に介護を必要とする
2級神経系統の機能又は、精神に著しい障害を残し、随時介護を要する
3級神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができない
5級神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

 

問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、高次脳機能障害が、後遺障害等級認定になるポイントはありますか?

高次脳機能障害の等級認定に大切なことは、下記となります。

・意識障害脳外障によって、事故後に意識を失った期間や、その程度も重要視されます
・画像所見MRIやCIを行い、脳実質の損傷や、脳室に変化があるかどうかを確認します。時間が経てば経つほど、異常を発見することは困難になりますので、早い段階で、撮影を行いましよう。
・リハビリに通うリハビリに通うことで、高次脳機能障害であることを示す資料を残すことが出来ます。定期的にリハビリに通うことが大切です。一定期間、リハビリをしても効果を発揮できなかった場合は、後遺障害の残ったことになりますので、後遺障害診断書を作成してもらう可能性が上がります。
・知能テスト大脳の能力を、どの程度喪失したのかを判断するテストです。大脳には4つの能力があり、それは意思疎通力、問題解決能力、作業負担に対する持続力と持久力、社会行動能力です。以上4つの能力を確認し、その結果を、「高次脳機能障害整理表」に当てはめることで、どの等級に該当するかを判断しています。
問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、高次脳機能障害の損害賠償請求には時効はありますか?

ケースバイケースですが、主に、事故発生日または、症状固定日より3年とされています。
その理由としては、高次脳機能障害はすぐに症状が現れるものではないので、被害者に自覚がないまま時間が経ち、社会に出て初めて気づくことも少なくないからです。

また、示談をした後に、高次脳機能障害が明らかになるケースもあるので、裁判でも損害賠償請求の時効に関して争われるケースはあります。もし何かわからないことや、不安なことがありましたら、弁護士に相談することをお勧めします。

ウカイ&パートナーズ法律事務所は、弁護士による、電話相談が、無料で受けることが出来ます。是非とも気軽に相談していただければと思います。

 

問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、以前交通事故に遭った夫に、記憶障害のような異変を少し感じます。記憶障害にはどんなものがありますか?

○ 原因はさまざまでして、一概にこれといったものを断定するのは難しいでしょう。ただし、交通事故による、高次脳機能障害で多い記憶障害としては、下記の2つが存在します。

・前向性健忘学習障害の1つで、損傷を受けた後、新しいことを覚えることができない、または、情報を覚えにくくなる、覚えたとしても、すぐに忘れてしまうという症状です。
・逆行性健忘損傷を受ける前の記憶を、完全に喪失、あるいは部分的に喪失してしまう症状となります。 以前できたことができなくなったりするのも、逆行性健忘の症状の1つです。
問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
弁護士さん、高次脳機能障害だと認定された場合、どのくらい金額をもらえるの?

○ ケースバイケースとなります。ただし、基準としては、主に3つ存在します。それは、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準となります。また、基準ごとにもらえる金額の、推定額は、下記となります。もっとも、あくまで参考の金額となりますので、必ずしも、下記に近い金額がもらえるとは限りませんし、下記の金額よりも多くもらえるケースも存在します。

等級自賠責基準裁判基準
1級3号1100万円2800万円
2級3号958万円2370万円
3級3号829万円1990万円
5級2号599万円1400万円
7級4号409万円1000万円
9級10号245万円690万円
問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
高次脳機能障害という診断をされましたが、弁護士さんに依頼をすることで、賠償金額を増額させることは可能ですか?

○ はい、その可能性はあります。なぜなら、まず、保険会社は、高次脳機能障害を否定することがあるからです。また、保険会社が高次脳機能障害を認めたとしても、その金額提示は、裁判基準よりも、はるかに低いことが多いからです。

そもそも、高次脳機能障害自体、後遺障害として認定されることが、容易ではないということも関係しているかもしれません。 もっとも、弁護士に依頼することで、裁判で高次脳機能障害を、争い、認めさせたり、また、高次脳機能障害が認められる場合には、裁判基準の金額で請求することになるからです。また、被害者に対し、後遺障害として認定されるためのポイントを、的確に指摘し、サポートすることもできるでしょう。

もし、高次脳機能障害について、弁護士への依頼を検討しているのであれば、是非とも気軽に、ウカイ&パートナーズ法律事務所に相談していただければと思います。

 

問い合わせ 0120-60-60-38
目次トップへ
ウカイ&パートナーズ法律事務所は、交通事故専門弁護士が複数名所属する東京の渋谷駅にある法律事務所です。
交通事故の被害に遭われた方の相談を初回に限り無料で承っております。また、全国対応の電話相談も予約制で受け付けます。さらに、重度の後遺障害や死亡事故の方には、弁護士によるご自宅訪問や地方出張も可能です。交通事故の被害に遭われた方は、是非、当法律事務所宛にご連絡下さい。
ウカイ&パートナーズ法律事務所
代表弁護士 鵜飼 大
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町2-6 フルキャストビル5F・6F・7F
0120-60-60-38
info@ukai-law.com
交通事故弁護士110番
https://www.koutsujiko110ban.com/

交通事故弁護士110番 お問い合わせ お問い合わせ ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP お問い合わせ
交通事故弁護士110番トップ
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
お問い合わせ
当事務所の5つの特徴
保険会社から示談金の提示があったら
弁護士をつけるメリット
サイトマップ&リンク
後遺障害等級表
交通事故用語集
全国交通事故無料相談
交通事故全般110番
慰謝料110番
休業損害110番
過失相殺110番
むち打ち110番
死亡事故110番
後遺障害110番
弁護士特約110番
高次脳機能障害110番
脊髄損傷110番
眼の後遺障害110番
鼻の後遺障害110番
口の後遺障害110番
耳の後遺障害110番
上肢(肩・腕)の後遺障害110番
下肢の後遺障害110番
手・指の後遺障害110番
足指の後遺障害110番
醜状障害110番
TFCC損傷110番
ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HPウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町2-6 フルキャストビル5F・6F・7F
TEL : 03(3463)5551 FAX : 03(3463)5552

Copyright(C)2011 Ukai & Partners Law Office. All rights reserved.
▲ページトップ